So-net無料ブログ作成

オウム真理教 子供 現在 [子供]

今回は、オウム真理教の教祖・麻原彰晃(松本智津夫)の子供の現在についてまとめていこうと思います。


子供に罪は無いにもかかわらず、大犯罪者の子供として生まれてしまったばかりに、
普通では考えられないような環境で考えられないような境遇で育った子供たちの現在をまとめていきます。


麻原彰晃には12人の子供がいます。


そして、その子供たちがどのような人生を歩み、どのような経験をしてきたのか?


現在はどのように過ごしているのか?


これを知るにはこの本を読むのが一番早いと思います。


あさはらむすめ.jpg


「私はなぜ麻原彰晃の娘に生まれてしまったのか?」~地下鉄サリン事件から15年目の告白~
著者 松本恥香


彼女は松本智津夫の四女で、父親が逮捕されたときは5歳でした。


そして、事件のすべてをネットで知った16歳の頃に家出をしています。


この本が出版されたのは2010年で彼女は21歳の頃です。


この本は本当に悲しすぎる運命から逃れられない彼女の悲痛な叫びが伝わってくる本です。


周りからは教団の教祖の娘として甘やかされて育ったと思われていたが、
実際はかなり厳しく育てられたようで、
ヘッドギアを付けた修行や飲食などすべて教団の信者たちと同じような生活を送っていたそうです。


むしろ、父と母が逮捕されたことをきっかけに子供たちはのびのびとできるようになり、
両親に禁止されていたチョコレートを長女が買ってきてくれるとはしゃいで喜んだそうです。


ほんとうのところははしゃいでいないと両親が逮捕された悲しみに耐えられなかったのかもしれませんが…


何より嫌だったのはメディアの報道による周りからの差別だったそうです。


当たり前ですよね。


大犯罪者の子供と言うことで、家を借りることも難しく、
学校に通うことすらできない子供もいて、提訴によりようやく学校に通うことができるようになっても、
学校ではオウム真理教の子供といじめられ…


普通に生活することもできず、普通の子供がうらやましくて仕方なかったでしょうね。


悪の連鎖ですよね。


こうなってくるとすがるものは宗教しかないのではないかと思えてきます。


犯罪者の子供が犯罪を犯すケースが多いのは、
血筋ではなく、このようなメディア、マスコミによる報道が招く環境のせいだと思いますね。


こんな救われない環境に育ってしまっては生きていくことすら困難です。


子供のころから自分を偽って誰にも本当のことを打ち明けられずに生きていくことが
どれだけしんどいことか想像に余りあります。


実際、何度も自傷行為を繰り返したと本にも書かれていました。


そして、9年ぶりに父親に再会したのは次女と弟と面会に行った時のようです。


緊張でほとんど話ができず、父親の笑い声だけが時折響いていたそうです。


2回目の面会では父親は会話すらできない状況で、スースーと歯の間から音を出していただけだったそうです。


そして、これは有名な話ですが、3回目の面会で衝撃的な光景を彼女は目の当たりにしました。


父親がスウェットパンツの中から自分の性器を取出し娘の前でマスターベーションをしだしたのです。


看守の制止の声にも応じず、3回ほど繰り返したそうです。


詐病説も出ましたが、真実はわかりません。


何よりも子供たちの悲しみは計り知れませんね。


私が感じたのは子供に罪はないのだからどうか子供たちを差別する世間の声が減ってほしいということ。


麻原本人はどうしようもない犯罪者ですが、子供は何も知らなかったにもかかわらず、
勝手に世間から差別され続けているのです。


あってはいけないことではないでしょうか?


もちろん事件の被害者の方々の悲しみは忘れてはいけませんが、 その悲しみ、怒りは麻原本人と容疑者だけに向けるべきだと心底思います。


最後にオウム事件の動画を

オウム真理教 ~暴かれた王国の軌跡~1/4 1995年4月16日




スポンサーリンク



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。