So-net無料ブログ作成

麻原彰晃の子供・アーチャリーまとめ [子供]


今回は麻原彰晃の子供・アーチャリーについてまとめていこうと思います。


こここ.jpg


1983年生まれで麻原彰晃の三女。


教団での地位は麻原彰晃に次ぐ正大師でした。


彼女がのような人生を送ってきて、
親が麻原彰晃というだけでどれだけの差別、いじめを受け、
そのような気持ちで過ごしてきたのかはこちらの記事でまとめています。

オウム真理教の子供の現在


今回は上記の記事では書けていないアーチャリーさんの現在、過去、考え方などをまとめていこうと思います。


まず、三女のアーチャリーさんは当事者しか知らないこと、
麻原の娘である彼女しか知らないことをブログで生々しく告白しておられます。


まず、東京拘置所による麻原彰晃(松本智津夫)に関する報告がウソだらけだと主張しています。


三女のアーチャリーさんによると、鑑定書にはウソの報告ばかりだと。


鑑定書には食事をこぼさずに食べたとありますが、
麻原はもともと目が見えないので食事はこぼしていて、胸にバスタオルを巻いて食事していたそうです。


ご飯を一粒残さず食べるなんてできるわけがないそうです。


拘置所の報告は嘘だと主張しています。



次に、小学校の時から父が非難されるのを聞いてきて、悲しかったと述べられています。


世間のイメージと実物との差があまりにもあり、別人のような気がしていたと。


そして、自分とアーチャリーも別人であったと。


そして、両親が逮捕された後、彼女は法学校、中学校には通えませんでした。


入学には1カ月の観察期間が必要で結局、小学校3年時から通信教育をしていたそうです。


さらに、ひどすぎる話があります。


彼女がアルバイトでテレホンオペレーターをやっていた時、
時給がようやく上がりそうだというときに、
社長さんから「アーチャリーに似ている人がいる」と電話が入り、 それでクビになったそうです。


昔は将来の夢もあったが、こういう境遇もあって流されればいいかなと思うようになったそうです。


自分が「○○になりたい」と語るとその業界の人が警戒するのが目に見えているからいつもそこで終わってしまうのだと。


本当に悲しすぎますね…


こんな差別がいまだに残っているのですね。


しかし、そんなオウム真理教の被害者であることは間違いないと思える三女のアーチャリーですが、
彼女への疑惑も浮上しています。


現在、生き残っているオウム真理教の主流派「アレフ」の実質的な幹部に彼女が当たるとみて公安調査庁が調査しているのです。


これはつい2か月前の2014年11月のことです。


彼女が要件に入れば麻原死刑囚の子供としては初となります。


アレフは麻原死刑囚を絶対的帰依の対象としていて、
反社会的体制を維持しています。


ひかりの輪も「脱麻原」をアピールはしていますが、
麻原死刑囚の修業を特徴づける儀式を実施していますし、麻原隠しが行われているといわれています。


三女は自らとアレフとのかかわりを否定しています。


そして、最近では父親との面会は拒否されているそうです。


彼女に予想としては、
父親の状態がひどいから面会をさせられないのだろうと。


関連記事はこちら

麻原彰晃と石井久子の子供

麻原彰晃 子供の画像・写真


スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。