So-net無料ブログ作成

オウム真理教・麻原を崇拝する東京高校の生徒がtwitterでサリンをまくとテロ予告! [現在]


オウム真理教・麻原を崇拝する東京高校の生徒がtwitterでサリンをまくとテロ予告をしていることが話題ですね。


というわけで、今回はオウム真理教・麻原を崇拝する東京高校の生徒がtwitterでサリンをまくとテロ予告!という記事をまとめていこうと思います。


新年早々、すごい話題になっていますね。


オウム真理教教祖・麻原彰晃を崇拝しているツイートを繰り返す東京高校の生徒が、
ツイッター上であらゆる麻原関連のtweetをしています。


それが世間から反感を買い、話題になっています。


ツイートの内容はこんな感じ。


おうむ.jpg

こちらの麻原彰晃の画像を載せて、「この人すごい!」とツイート。


これに関しては不謹慎すぎて笑えないという意見が多数上がっています。


まあ、当たり前の話ですが。


次に、こんなツイートをしています。

「ムホォォォォオ飛べた!飛べたぞ! あの高いツボ買ってよかった[わーい(嬉しい顔)]? まだ浮いてられる!すごい!」


頭がおかしくなったのかと思いますね。


何がしたいのか?ただ単に注目を集めたかっただけなのか?
何考えてるのかさっぱりわかりません。


さそて、極めつけがこちらのツイート。

「もう飛べたのでサリンまきます」


このツイートが拡散され騒ぎとなっています。


ネット上の意見はこんな感じ。

・冗談でも笑えない
・たぶんオウム事件の惨劇を知らないのだろう
・頭がおかしい
・ある意味、飛んでるわ
・これは警察沙汰
・面白いと思ったの?


などなど、批判が殺到しています。


オウム事件の被害者からしたらありえないツイートですからね。


最新のツイートがこちら

「昨夜の私の軽卒かつ不謹慎な書き込みでサリン事件被害者の方々始め皆様に多大なるご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。」


反省したようです。


ツイッターでつぶやくことを全世界に広まるという認識を持っている若者はまだまだ少ないのでしょうね…


今年に入ってもバカッターはとどまることを知りませんね。


関連記事はこちら

上祐史浩 画像 まとめ

麻原彰晃 歌 選挙
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

麻原彰晃 現在 2015 [現在]


麻原彰晃の2015年現在について気になる方が多いようですね。


というわけで、今回は麻原彰晃 現在 2015という記事をまとめていこうと思います。


現在、東京拘置所に収監されている松本智津夫死刑囚。


彼が東京拘置所でどんな生活をおくっっているのか?
まとめていこうと思います。


まず、なぜ、麻原彰晃含めたオウム真理教の死刑囚たちがいつまでたっても死刑執行されないのか?
気になる方も多いと思います。


それに関してはこちらの記事でわかりやすくまとめています。

オウム真理教 死刑囚 一覧


・精神病を患っているとされているから
・共犯者の裁判がまだ終審していないから
・宗教団体の教祖であるため、信者が暴動を起こす可能性があるから


これらの理由で死刑執行ができないのですね。


それでは本題に入ろうと思います。


麻原彰晃が収監されている東京拘置所には病気を患っている囚人だけが集められた病舎があるそうです。


そこの衛生夫として服役していた男性が東京拘置所内の闇を語られました。


そこで生活する麻原を含めた3名の死刑囚の実態です。


そこでの麻原は事件当時と同じように髪は伸ばしたままで、依然の面影はあるが、
彼から生気はまるで感じられないようです。


刑務官になされるがままといった状態だそうです。


その衛生夫はある事件で逮捕され、当所執行を命じられ、未決囚や死刑囚の食事の配膳やフロアの掃除、身の回りの世話を担当していました。


その相手の中の一人が松本智津夫死刑囚だったわけです。


だからその衛生夫は麻原について知っているのです。


そして、気になるのは東京拘置所内での麻原の行動です。


精神的におかしくなってしまっているということは麻原の家族の証言などで知ることはできますが、
実際どのような感じだったのか?


少なくとも、事件当初や逮捕前はテレビなどにも出演していましたし、
認識能力は間違いなくありました。


しかし、裁判が始まると法廷では被告席で飛び跳ねたり、こぶしを突き上げるなど、奇行を連発したそうです。


そして、普段からずっと薄ら笑いをうかべていたそうです。


衛生夫の雑誌での証言によると、さらにひどい状態で、
独房の中にトイレがあるのに、わざと便を布団の上に垂れ流して迷惑をかけていたそうです。


こういうこともあり、「麻原には認識能力がない」「そんなのは詐病だ」といった声が世間でも上がるようになりました。


そこから麻原に関する報道はされなくなり、現状についてわからなくなりました。


拘置所も麻原を誰の目にも触れさせないようにするようになり、病舎に隔離されるようになりました。


週に一度、麻原が運動をするために外に出ることがあるそうですが、
その時も「外に出るな、隠れてろ」と麻原を見ることは禁止されていたそうです。


そして、麻原が外に出ている間、衛生夫が麻原の部屋を掃除するのですが、
そこに生活感はまるでなく、あるのは糞尿だけだったそうです。


毎日おもらししている状態だそうです…


関連記事はこちら

麻原彰晃の子供・アーチャリーまとめ

麻原彰晃 子供 石井久子
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

オウム真理教 現在 名前 [現在]


今回は、オウム真理教の現在の名前と活動状況についてまとめていこうと思います。


結論から言うと、アレフ(Aleph)です。


アレフは2000年2月4日に発足し、オウム真理教から改称した宗教団体です。


2003年2月にはアーレフに改称し2008年5月にはAlephに改称しています。


なので、現在の名前はAlephということです。


名前ついでに現在の活動状況をまとめていきますね。


オウム真理教事件、松本サリン事件、地下鉄サリン事件など数々の事件により、
死者29名、負傷者6000人を超え、その事件を起こした宗教団体がまだ活動を続けていると聞くと怖いですよね。


なんせ、過去に11400人もの信者がいたわけですから生き残っていて当たり前と言えば当たり前かもしれません。


ちなみに、教祖の麻原彰晃(松本智津夫)は死刑は確定していますが、
まだ生きていて東京拘置所に収監されています。


まつ.jpeg


さて、それでは今オウムは、活動はしているのか?
しているならどんな活動をしているのか?


これについて。


昨年6月の時点でのオウム真理教の国内の信者数は公安調査庁の認定で約1650人とされています。


認定でこの数なので実際はもっと多いでしょうね。


なぜ、いまだに信者が増え続けているのか?ということなのですが、
これは教団が絡む事件を知らない若者を中心に増加傾向にあります。


事件を知らない若者をターゲットにしているということですね。


11400人いた信者の数は麻原の逮捕などで2年後には、数千人にまで減少したが、
また若者を中心に増え始めているとのことです。


さらに詳しく説明すると、教団は2007年に、
「アレフ」と改称した主流派閥と元幹部の 上祐史浩氏が設立した「ひかりの輪」に分裂しています。


ひかり.jpg


最近では両派合わせて年間100~250人が入信し、
昨年6月時点では、アレフが約1450人、ひかりの輪が約200人。

そして、ロシアにも160人の信者がいます。


アレフの勧誘活動は厄介で、
あらゆる大学で教団名を隠してサークルに勧誘するふりをして、アレフに勧誘するという手法をとっていることが問題になっています。


そして、アレフは麻原の誕生日に合わせて生誕祭を開くなど、麻原の回帰を願っているのです。


そして、公安庁の調査で明らかになっていることなのですが、
大半のアレフの施設で松本死刑囚の写真が確認されており、 刃物で串刺しにした公安調査官の写真も見つかっています。


ひかりの輪は対照的に脱麻原をアピールしています。


しかし、これはあくまでも公には脱麻原と言っているだけで、
信者へのセミナーでは松本死刑囚を擁護する内容を話しているのです。


このようにまだまだオウム真理教の麻原の息がかかった団体は存在しているので、気を付けてくださいね!


そこらじゅうで勧誘活動は行われています。


最後に、
麻原彰晃(松本智津夫)の子供の生い立ちや受けてきた差別、これまでの壮絶な人生について前記事でまとめてあるので、気になる方はこちらをご覧ください!

オウム真理教 子供 現在
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。