So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

オウム真理教・松本智津夫(麻原彰晃)の長男の大学はどこ!? [子供]


オウム真理教・松本智津夫(麻原彰晃)の長男の大学がどこなのか?
気になる方が多いようですね。


というわけで、今回はオウム真理教・松本智津夫(麻原彰晃)の長男の大学はどこ!?
と言う記事をまとめていこうと思います。


松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚の子供たちの現在と、その壮絶な人生についてまとめた記事はこちら。

オウム真理教 子供 現在


オウム真理教の現在の名前とその活動状況についてまとめた記事はこちら

オウム真理教 現在 名前


まつ.jpeg


それでは、まずは長男の軽い紹介から入ろうと思います。


このブログではあくまでも麻原の子供たちは被害者だという僕の考えのもとで記事を書き進めますので、
それをわかっていただけたうえで記事を読み進めていただけると嬉しいです。


悪いのは麻原と事件に関与した教団の信者であり、子供に罪はないという考えです。


長男は1992年生まれ、日本シャンバラ化計画において皇子の称号を与えられました。


日本シャンバラ化計画とは、
麻原は、オウム真理教に基づく理想の国「シャンバラ」を築くことを目標に掲げており、
1987年7月にこの計画が発表されました。


計画の内容は、
「聖なる空間」を広げることによって「聖なる人々」を育み、日本を世界救済の拠点とし「世界シャンバラ化」をも目指すと謳われていた。


麻原自身は国家転覆を意図したものではないと主張しているが、
実際はそのような意図があったと考えられています。


わかりやすく言うと、テロリスト(オウム真理教)が国を乗っ取り、勝手に国家の樹立を宣言していたということなのです。


ほんの20年前の出来事とは思えないくらい恐ろしい出来事です。


少し話がそれましたね。


次に、長男は1996年(平成8年)6月に教団の教祖となりました。


そして、こちらの記事にも書きましたが、
オウム真理教 子供 現在


麻原の息子と言う理由で四女と次男同様に学校に籍を置くことが許されずに、
ほぼ学校には通っていなかったそうです。


提訴の結果、2001年から学校には通えることになりましたが、
マスコミが押し寄せて嫌な思いをしたそうです。


友達はできたようですね。


最近の長男の被害についても取り上げておきます。


つい2か月ほど前の10月、長男はオウム真理教の現在の主流派である「アレフ」を訴えています。


アレフは長男の誕生日に「生誕祭」などの行事を行い、長男の写真を無断で使用したりしたため、
長男は名誉棄損で東京地裁に訴えを起こしたのです。



自分の氏名、写真の使用禁止と4000万円の賠償請求をしています。


アレフは勧誘活動でも各地の大学に忍び込み、
名前を出さずにサークルのふりをして勧誘活動をするなど、かなり悪質ですからね。


親を選べないということは本当に悲しいことだと思います。


そして、本題の大学ですが、長男に関しては大学はおろか名前すら出てきませんね。


関西の大学に進学したと公安関係者が明かしていますが、
どこの大学かは不明です。


当然、写真や画像も出てきません。





スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。